(抗がん剤とストーマケアその6)がんが見えないくらいに・・・。

2012年1月~3月
※ストーマとは、人工肛門のこと
<抗がん剤治療 3回~6回目>

抗がん剤の効果、がんが見えないくらいに。

抗がん剤治療は最終的に6回の投与を行った。
だんだん自分の体に蓄積されてくると、体に変化がでてくる。

感じる部分は、
「手のしびれ」と「体のだるさ」が
大きくなる。

自分ではわからないもの。
「白血球」が少なくなる。
僕は5回目の投与時の血液検査で、
白血球が少なく、スルーすることになった。

 

抗がん剤投与46時間治療の後半

僕は木曜日から始まり、土曜日に終了する。
抗がん剤が体に蓄積されてくると、
やはり、体がだるく気力がでない。
最終日の土曜日は一日ソファーでグダグタ!
辛いというか、気力がないという表現が正しい。

0e0c47bf3b9da7e021df8f774589821d_s
 

副作用で、手がしびれる!

手がしびれる。
水はお湯にすることでなんとかごまかせる。
でも、肉を触っていると・・・。
きつい!

IMG_0043
 

水のようなうんちが、ストーマからでるんです。

治療中からしばらくは、水のようなうんちがでる。
だから、ストーマの袋が満杯。
一般的には下痢というやつだろう。

それだけ、体に負担があるんだろう。
 

がんが、見えないくらいに・・・

治療中、2回ほどCT検査をしたが、6回目の治療後のCT結果は、肝臓に転移したがんが確認でいないくらいになった。
・・・・らしい。

IMG_0042

僕にはとても効果があったようだ。
なんだか、よくわからないが、
前向きに解釈することにした。

約3ヶ月半。6回の抗がん剤投与であった。

これから、3月後半から5月まで最後の治療に入る。
肝臓に転移した部分の切除である。
 
 
抗がん剤とストーマケアー記事ー
その1、<どきどき抗がん剤入院>
その2、<ストーマケア>
その3、<ストーマトラブル?>
その4、<2回目で、抗がん剤副作用発生!>
その5、<初めての、家での抗がん剤投与>
その6、<抗がん剤の効果、がんが見えないくらいに>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る