29日間の大腸がん入院

<29日間の大腸がん入院>(2011年10月26日〜11月23日)

うすうす感じていたけど、やっぱりね。・・・という感じ。

初めての手術を経験する入院となった。不安もあったけど、いざとなると人間って度胸が座るもんですね。しかし、脳梗塞の治療先の病院とは全く違った診断が待っていたんですよ。でも、これも自覚症状があったので「やっぱり」という感じだったかな。ここまで来たらジタバタしても仕方ないし、私、妻とも主治医の先生を信頼していた入院、手術、ケアの29日間でした。
そして、私の治療は大きく分けると、下記の3ステップ。

1ステップ 直腸がんの切除とストーマ(2011年11月23まで)
2ステップ 抗がん治療とストーマケア(2012年3月まで)
3ステップ 転移した肝臓の手術(2012年6月まで)

1〜3ステップの記録をそれぞれ書いていきます。
まずは、このページでは1ステップ<29日間の大腸がん入院>の記録です。
 

ー記事一覧ー

その1、知っておこう! 入院、手術計画 慌てないために知っておこう!
その2、大腸がん手術前の準備 初めての剃毛体験!
その3、僕の大腸がん、やっぱり転移していた やっぱりね、という印象であった。
その4、手術直前、娘からのメール とうとう迎えた手術の日。
その5、大腸がん手術、全身麻酔の効果 一瞬で、僕の意識が消えた。
その6、手術後はやはり辛い! そして、不思議な体験。
その7、辛いぜ!手術翌日、もう歩行。 こんなに、痛いのに、もう歩くの?
その8、大腸がん、初めてのご対面、ストーマ。 これが、人工肛門。ストーマ
その9、大腸がん、初めてのストーマケア なかなか、難しい。ストーマ装具の装着。
その10、大腸がん、おしっことの戦い カテーテルを外し、おしっこテスト。
その11、大腸がん、抗がん剤の準備 今度は部分麻酔手術、怖いぜ!
その12、おしっことの戦いラウンド2 全ての管が僕の体からなくなる。
その13、 大腸がん、長引く入院 僕は落ちこばれ患者。
その14、大腸がん入院、ついに退院の日 感謝!
 
 

 

ページ上部へ戻る