(大腸がんと肝臓転移手術その3)残す肝臓、56%に!

<肝臓転移手術とその準備 59日間>(2012年3月23日~2012年5月20日)

残す肝臓、50%以上になる。

門脈塞栓の手術から24日目。
CT検査と(ICG)という検査を受けた。

インドシアニングリーン

肝臓機能検査で2回ほど注射をして肝機能を調べるらしい。
緑液を入れ、15分後くらいに血液を採取する。

そして、CTをして肝臓の大きさを調べた。
肝臓のバランスが変わり、切除後に残る肝臓は56%となった。
これで安全値に達したことになる。
準備手術成功ということだね。

そして、いよいよ本番!!
0504
 
 
 59日間の肝臓転移治療ー記事一覧ー
その1、ついに肝臓手術へスタート。
その2、50%の肝臓と門脈塞栓術
その3、残す肝臓、56%になった!く!
その4、腹腔鏡手術による肝臓手術
その5、2度あることは3度ある。「死ぬかとおもったこと」
その6、ストーマからお尻に戻る
その7、僕の大腸がん、予定治療全て終わる!
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る