(大腸がん経過観察)パニック障害?

経過観察(2012年~)
2015年7月26日

パニック障害のように、突然に苦しくなる。

2015年7月26日、各地で猛暑を記録。
とにかく暑い。

こんな暑さの夏、思い出すことがある。
3年前の夏、2012年の夏の事。これは、がんの経過とあまり関係ないと思うが、突然、僕の体に変調があった。

僕は自分で仕事をしているため、外出する仕事なければ家のデスクで仕事をしている。この日、朝から特に体の調整は悪くなかった。しかし、夕方ごろから、徐々に体の調整が悪くなってきたんです。過呼吸のように息が荒くなり、苦しくなってきたんです。 

落ち着いて、落ち着いて、・・・と
自分を落ちかせようとするけど、最悪のことをイメージしどんどん焦ってくるんです。
ベットに横たわり、ゆっくり意識して呼吸をし、徐々に落ち着いてきた感じです。
 

パニック障害?

時々、僕は急に気持ちが不安定になる時があり、特に電車の中で不安になることがあります。もしかしたら、パニック障害みたいな症状なのかもしれません。
通勤時間帯の電車では、電車が渋滞し止まることがよくあると思いますが、こんな電車に乗るとたまらなく不安になります。長くなると脂汗が出てきて、また最悪のことをイメージし、とてつもなく不安になり動悸が始まります。心の中で「がんばれ、がんばれ、もうすぐ電車は動く。」と唱えていますよ。

あと、歯医者の治療もダメでした。口の中で水を吹き付けるようにして治療しますよね。水で息が出来なくなるような感じがしてものすごく怖いんです。口をジッとしてられず、パクパクしてしまい先生に嫌な顔されましたよ。

ぼくの対策

今日もあったんですが、「具合悪くなったらどうしよう? 」みたいなことが不意に脳裏に浮かぶんです。でも、これって不思議なんです。一生懸命にお客様と話している時などは意識が体に向いていないのでこのような気持ちが起きません。やっぱり精神的なものなんでしょう。
 
でも、電車は一人で乗りますのでとにかく意識しないことしかありません。
僕の場合は、気がまぎれるように音楽を聞いて、時間の長さをごまかすような状態を作るようにしています。
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る