がん研有明病院

写真はイメージとなり病院とは全く関係ありません。

がん研有明病院

がん研有明病院ホームページ
東京都江東区有明3-8-31

がん病院として歴史がある。大腸がんの治療は消化器センターの中に分類される。
手術治療までの日数は2週間。大きな病院でとても人気が高く、かつ有名な病院のため目安として考えるとよいかもしれない。ビルが立ち並ぶ都心ではなく、湾岸エリアののびのびした立地が魅力の病院でもある。

病床

  • 一般個室や特別個室が充実している。僕の主観ではあるが、著名人やステータスの高い人が多く利用されると考えられる。
  • 一般個室で30,700円/1日プラス。2週間入院で約430,000円。
  • 一般病床は4名。窓際は1日5,000円プラス 2週間入院でプラス70,000万円必要となる。

看護体制

7:1 2交代

手術

2013年の初発がん手術件数649件に対し614件が腹腔鏡手術となる。なんと約95%にあたる。よほどのケースがない限り腹腔鏡となる。

定期検診

ステージⅠ・Ⅱは年2回。ステージⅢ以上は年3~4回。とても細かな検査スケージュル。再発の可能性を短期間で見つけるためのスパンであろうと思える。

僕の自己中的コメント
病院紹介のホームページもとても淡く明るい作りで優しさを感じ、がんの種類によっての治療方法やケアなどの説明も充実し、がん専門ゆえの安心感もあり好印象。実績、人気も高く申し分ない。
口コミなどの評価も医師や看護師の印象もよくあまり悪い評判はない。サービスとしての病院経営も良さそう。ただ、人気病院、また大病院であるために僕が少し気になるのはお金による差がでるような印象が残る。また、これだけ、腹腔鏡を多用しているとなると患者の体への負担軽減、そして早く社会復帰すること、また多くの人を早く治療することが目的となると思う。
しかし、平行して病院経営として短いサイクルで効率よく稼ぐ目的も窺えてしまう。さらによい環境をつくるために、病院経営として当然ではあると思うが・・・・診療には影響しなければ・・・、こんなことを考えてしまった。まぁ、これは資本主義の社会であれば、病院に限りらずどこのサービスでも同じだけどね。

そのほか、定期検診のフロー。細かく検診することはいいと思うが、患者の立場からするとどうなのか。僕は自分ががんであることを忘れるぐらいの気持ちの方が気分が楽だし、生きる免疫力が増えるような気がするなぁ。
あくまでも僕の自己中的コメント!

indexBg_8B ヤフーヘルスケア口コミ(Yahoo!サイトへ)
indexBg_8B この病院の入院経験がある方のコメントお待ちしております。

大腸がんと病院
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る