大腸がん肝臓転移、門脈塞栓術

僕のがん肝臓転移、切除前の準備手術

僕は肝臓切除の前に肝臓の門脈という血管を閉じる準備手術をした。これを門脈塞栓術という。
僕の肝臓は、転移した部分を切除をすると全体の43%残るそうだ。でも、半分以下では肝臓機能の負担が大きく肝不全をおこす恐れがあるらしい。そのため、50%以上は残さないと危険があるため門脈塞栓術を受けることになった。
 
IMG_0001 IMG_0002 IMG_0003
IMG_0004 IMG_0005 IMG_0006
僕の場合、3時間くらいかかったかな。とても疲れる部分麻酔の手術となる。血管内がスポンジ状になるらしい。状況が良好であるかを確認し、丁度一週間の入院であった。
 
IMG_0007 IMG_0008

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る