大腸がんと抗がん剤治療)CVポートの埋め込み

僕の抗がん剤治療、治療フローと準備手術

僕の抗がん剤治療の3日間は次のようになる。
<1日目>
血液検査、院内の治療センターで3時間ほど点滴を受け、その後、ボトル型の容器に入っている抗がん剤(エルプラットという名前の薬)を首から下げて家に戻る。
<2日目>
投与継続中
<3日目>
午後、1時頃、点滴の針を外して終了(自分で針を抜く)

抗がん治療を自宅治療をするために鎖骨付近に「皮下埋込型ポート(CVポート)」というものを入れる手術をする。1時間30分くらいの部分麻酔の手術だ。
cv
ここから、抗がん剤を体に入れる。
 
 
大腸がんと抗がん剤治療
【僕の抗がん剤治療)その目的とスケジュール】
【僕の抗がん剤治療)CVポートの埋め込み】
【僕の抗がん剤治療)自宅治療】
【僕の抗がん剤治療)副作用とその対策】
【僕の抗がん剤治療)副作用とその対策その2】
 
  
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る