大腸がんと高額医療制度

高額医療制度<限度額適用認定書>

入院、手術はとってもお金が掛る。でも、日本は高額医療制度というものがある。
100万円の医療費が掛っても87,430円(区分ウ)で済む制度だ。

これは、健康保険の中のひとつの制度であり、保険証をもっている人であればだれでも利用できる。しかし、入院するような状況がない限り実感できない制度でもあるね。

申請先は全国健康保険協会「協会けんぽ」となる。

かつての社会保険庁が年金問題で事実上解体され、年金と健康保険の2つに分かれこのような協会となった。
申請先は都道府県となるので下記のホームページより調べてほしい。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/

この高額医療制度の自己負担限度額が平成27年1月より所得による細分化がされた。
先ず、見方としては年齢、そして個人所得。月単位で計算される。
年齢は「70歳未満」と「70歳以上75歳未満」
ここでは「70歳未満」を対象に紹介したい。

所得区分は5つに分けられる。
ア)月収83万円以上
イ)月収53万円以上76万円
ウ)月収28万円以上50万円
エ)月収26万円以下
オ)住民税非課税者

そして、気になる自己負担限度額は下記となり、

ア)252,600円 +(総医療費-842,000円)×1%
イ)167,400円 +(総医療費-558,000円)×1%
ウ) 80,100円 +(総医療費-267,000円)×1%
エ) 57,600円
オ) 35,400円

医療費が100万円と仮定したらこうなる。

ア)252,600円 +(100万円-842,000円)×1% =254,180円
イ)167,400円 +(100万円-558,000円)×1% =171,820円
ウ) 80,100円 +(100万円-267,000円)×1% =87,430円
エ) 57,600円
オ) 35,400円

但し、その他、食事の差額代(一般で260円/1食 保険で負担される)や、保険対象外のもの、個室を選べばその差額代が発生し、上記にプラスされる。

エ)とオ)の人は総費用に関わらず、上記の費用を超えれば、57,600円、 35,400円で済むことになる。更に、1年間で3か月以上の高額治療費が発生した場合は4か月目から更に安くなる。ウ)~エ)の人は44,400円、オ)の人は24,600円だ。退院後も、引き継続き抗がん治療などで高額治療費が長く掛るケースがあるのでとても助かる制度となる。
 
 
僕からあならへ
入院予定があれば必ず申請しておこう。突発的な入院の場合でも、入院中に家族にしてもらうといい。僕の場合は脳梗塞による急な入院だったため、入院中に家族に申請をしてもらった。
無くても、退院後申請することで払い戻しされるが、限度額適用認定証がないと退院時にたくさんのお金を支払うことになる。ぜひ退院までに取得しておこう。

そして、↓僕が注目してもらいたいのはココ↓
日本では技術の高い医療がだれでも受けることが可能である。ということ。
これは日本の保険制度の素晴らしい点であると思うし、アメリカでは医療費が高く、貧富による差が大きいと聞く。
もちろん、日本でも富裕層とそうでない人では病院側の対応に違いはあると思う。しかし、技術の高い医療がだれでも受けれる制度があるんですね。悪いところだけが注目されてしまいがちではあるが、良い点もたくさんあるのかもしれないですね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る