大腸がんと医療費<2012年>

大腸がんと医療費<2012年>

2012年の半年間、抗がん剤治療から始まり、5月に肝臓切除手術を行い僕の治療が終えた。
そして、この年の6月から僕は経過観察期間に入った。

期間費用
1月5日:3回目の抗がん剤治療費用
48,550円
1月19日:4回目の抗がん剤治療費用
月19日44,750
1月31日:CTスキャン検査費用
8,780円
2月2日:検体検査及び診察費
7,720円
2月9日:5回目の抗がん剤治療費
37,670
2月23日:6回目の抗がん剤治療費用
37,880円
3月1日:診察費用
300円
3月7日:MRI検査費用
13,300円
3月12日:CTスキャン検査費用
6,050円
3月15日:診察費用
1,130円
3月23日:インドシアニングリーン(ICG)検査及び診察費用
4,310円
3月28日:採血及び診察費用
1,530円
4月3日~9日(7日間):門脈塞栓手術入院費用 入院4回目
48,820円
4月26日 :CTスキャン検査及び診察費用
9,360円
5月2日:診察費用
410円
5月7日~20日(14日間):肝臓切除手術入院 入院5回目
50,380円
6月6日:診察費用
2,170円
6月13日:診 察費用
270円
7月4日:診察費用
210円
8月2日:診察費用
410円
9月13日:CTスキャン及び採血検査費用
11,490円
9月20日:診察費用
410円
1月~4月:ストマー装具類費用
30,415円
2012年合計医療費用328,705円

 

<僕の契約している医療保険入院補償>
4回目の入院補償 70,000円
5回目の入院補償 140,000円
門脈塞栓手術補償 100,000円
肝臓切除手術補償  200,000円
合計       510,000円

 
2012年の1年間、抗がん治療4回、手術入院2回、検査もたくさん受けたが約30万円程の治療費で済んだ。
高額医療限度額を先に3回以上利用したことで、2回の手術入院費用が極端な割り安となった。これが高額医療限度額の利用が3回以内であれば各入院で10万円程費用が掛かることになる。
治療費用で損得勘定をするのは間違いであるが、治療のタイミングによっても医療費の差が発生してしまうことになるのだ。
 
my_check
ココで注目してもらいたいのは医療保険の手術補償である。僕は腹腔鏡手術で肝臓を切除した。大腸手術は開腹。手術の時間は2時間くらい腹腔鏡の方が長い、また、手術後スグ辛かった。この時、収入が全くなかったので40万円の補償を期待したが開腹手術の補償よりも50%も少ない20万円であった。体力の回復も早く入院期間も少なくなるからであると思う。
少し、ガックリしたけど、納得! そして、この補償にはとても感謝している。
 
indexBg_8B 【僕のがん、2011年医療費】
indexBg_8B 【僕のがん、2013年・14年医療費】
indexBg_8B 【僕のがん、医療費まとめ】
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る