僕の大腸がん、手術後の機能障害

大腸がんの説明書NO4 機能障害

daimae_03

排便機能、排尿機能、性機能
排尿障害は手術後、2週間ほどで回復。
しかし、残り2つは現在も影響がある。

一つは排便。

だいぶ慣れたが普通の人の機能とは全くことなる。
僕は便意を抑えることができない。
そのため、腸が動き出すとうんちがでる。
この時、一回で済めば良いが、1時間~2時間ほど、便意があり、
多い時は7回、8回行く。

最初の頃は腸の動きのリズムがわからずとても憂鬱であり、常にうんちに悩まされている感じでもあった。しかし、だんだん、体のリズムが慣れてくるので今は上手に付き合っていると思っている。

二つ目は性機能。

これは残念(笑)ながら、だめ!
肝心なところの行為はもうできない。
だからと言って、女性に興味がなくなったわけではないよ。
プラトニックだな(笑笑)

でも、もし若い人であったなら、家族計画もあるから深刻な機能障害になるよね。

できなくなったこともあるけど、できることはいっぱいあるから、
これでよしとしている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る