働きざかりのがん)<中年男性>低所得者ほど入院増

毎日新聞より引用

働き盛りの中年男性は、低所得者ほど医療機関に入院する割合が高くなるとの研究結果を、千葉大の研究チームが日本公衆衛生学会で発表した。治療費の節約で日ごろの通院を控えた結果、逆に健康を悪化させているとみられ、所得による「健康格差」の一端が浮かび上がった。

 
これを健康格差という記事はとても乱暴と思える。治療費をけちって、通院を控える? 少しはあると思うけど違うよね。
それをいうななら、働く意欲の強い人ほど病院に行けないし、行かないんだよ。
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る