大腸がん話題)直腸がんによる「多機能不全」とは、

Mocosuku Womanより引用

「多臓器不全」とは?

多臓器不全とは、生命を維持するために必要ないくつかの臓器が正常に機能されなくなっている状態のことをいいます。障害の重さにもよりますが、「中枢神経系、循環器系、肺、肝臓、腎臓、消化器系、凝固・線溶系」の7つのなかで、どれか2つ以上の臓器の機能が不全であった場合に「多臓器不全」といわれます。

 
「多臓器不全」の症状とは

多臓器不全では、敗血症や菌血症などが発展して発症することが多いです。北の湖理事長が亡くなった当日に貧血を訴えたというのも、これが症状のあらわれでしょう。血圧が不安定になったり、血中の酸素が足りなくなることから、様々な臓器に悪影響をおよぼします。めまいや失神、全身の痙攣(けいれん)などがみられることもあります。

 
「多臓器不全」の治療法

「多臓器不全」の治療は、ひとつの臓器に対して治療をします。とはいえ、それではひとつの臓器の治療を終えたときに、別の臓器が悪化してしまう可能性があります。こうなると治療な治すことそのものが難しくなるため、多臓器不全になる前の全身性炎症反応症候群での早期発見が重要とされています。救急医療と集中治療室(ICU)が必要です。

僕も、手術後は、体がとても不安定な時があるので、なんとなくわかるような気がします。
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る